お部屋探しは婚活と同じ。決められないスパイラル。

お部屋探しを長期間されているお客様の中には決められないスパイラルに陥ってしまう方が結構いらっしゃいます。

かなりの数の物件を見られているのでエリア内の相場感も備わっているはずなのですが「もっと条件の良い部屋があるはず」との希望的観測が強く相場と乖離してしまう為です。

この場合、希望に沿う物件が出てくる可能性は0%ではありませんが限りなく低いと思います。

理由はいくつかありますが、

  • 物件には相場があるので極端に条件を良くする必要がなく足並みは揃う。逆に条件が良いものは良くしなければならない理由がある
  • 不動産屋は不動産のプロなので極端に条件の良い物は仲間内だけで回るのでオープンで募集に出ない
  • 注文住宅ではないので個人の好みに100%合致する物件はない事を理解した上で探す
  • 不動産屋は何軒紹介しても決めないお客さんよりも期日が決まっているお客さんに優先して案内する

ワードを見ていると婚活と部屋探しは似ている様に思います。希望条件が高い場合は相応の対価が求められますし対価が伴わずに自己評価が高い場合はマッチする物件自体がなくなってしまいます。

ではどうやって決めればよいのか?

それは良い部分ではなく物件毎の悪い部分を比較する事です。理由は即決できない物件の良い部分は比較してみても同じエリアで同じ予算なので大差がない事が多い(これは恋愛で言う所の”いいね”は”どうでもいいね”理論)のに比べて悪い部分は物件毎にかなり特徴があります。

恋愛同様”生理的に嫌いとか無理”な部分は無意識でも明確です。いざ自分が住むとなった場合にこれだけは嫌だと思うポイントを物件毎に比較してみて下さい。結構見落としてる部分もあったりして消去法であっさりと決まる場合も多いのではないかと思います。残った物件は希望条件にあっている”自分にとって結構良い物件”である事にも気付くはずです。

”もっと待てばもっとよい物件が出てくる”との不確定要素と希望的観測に賭けるよりは確定的な”自分にとって結構良い物件”で新しい生活を楽しんだ方が賢明だと思います。

お役に立てたら幸いです。皆様が良い物件に出会えるのを願っております。


 

  • 良い部分よりも悪い部分に注目し比較

  • 消去法で残った物件は実は”自分にとってかなり良い物件”

  • 希望的観測に賭けるよりも新居で新しい生活を楽しむ方が賢明

 


 

住宅ローン一括無料審査