いくら借入できる?住宅ローン。

character_girl_normal
お客さん

住宅を購入したいけど予算はどうやって決めればよいのかな?借入できる住宅ローンの目安はどのくらいなのかな・・・


家の購入には一括とローンがありますが大多数はローンでの支払いを選択すると思います。今の年収でいくら借入ができるかは物件選定にも影響しますので把握しておきたいところです。

 

 ずっと固定金利で安心の”フラット35”のサイトでは今の年収から借り入れできる金額を計算できるシュミレーションがありますのでご参考下さい。

 

シュミレーションの結果はあくまで借入可能額の目安です。子供がいる家族といない家族では当然かかる費用が異なる様に人それぞれ家族構成やライフスタイルが異なりますので”借入可能額”=”返済できる額”ではありませんので注意が必要です。

 

では何を”ものさし”にするのか。それは”月々の返済比率”になります。

 

一般的に住宅ローンの返済比率は収入により若干異なりますが30%程度が好ましいといわれています。比率が少なければ少ないほど余裕を持った計画が可能であり20%~25%は金融機関も理想的な比率としています。逆に35%を超える場合は頭金を増やすなどの準備があると安心だと思います。

 

→(賃貸の賃料目安も30%と言われていますが)現在賃貸にお住まいの方だと実際は35%を超える場合もあると思いますので無理のない返済計画で組まれていることはお分かり頂けると思います。

 

賃貸と購入のどちらが良いかは今後もずっと議論比較されていくと思います。

私が思う購入に向いている人と購入の良い点は、

 向いている人:金持ち以外の人(金持ちは賃貸がイイと思います)

 購入の良い点:団信保険

詳細はまた別の機会に書きますが、理由はいくつかあります。①年を取ると賃貸は入居できる物件が少なくなりますが持ち家なら問題ない事。②結婚しないシングルの方は老後に老人ホームへの入居費用に充当できる資産を形成できること。③家族がいる方は何といっても団信保険の存在です。団信保険とは住宅ローンの支払い者が加入する生命保険で万が一死亡した際にローンは保険で賄われ家族はそのまま住む事ができます。生活費の中で比率が一番高い”住宅”がなくなれば残された家族も安心だと思います。④賃貸よりも分譲の方が設備のグレードが高い

 

 

 計画性が大切なことに変わりありませんが経験上、計画的に購入される方はごく僅かです。軽い気持ちで探し始めた物件を気に入ってしまいバタバタと計画を立てるパターンが実際のところは一番多いと思います。物件は一期一会なので皆さんが良い物件に出会える事を願っております。

 


  • 住宅ローンの返済で大事なのは返済比率

  •  返済比率は30%程度が目安

  • 借入可能額≠返済可能額

 


 購入を思い立ったらまずは問い合わせ。80銀行から比較。