重要事項説明。(35条)

重要事項説明とは・・・重要事項説明(じゅうようじこうせつめい)とは、売買契約・貸借契約・委託契約に際して重要事項説明書に基づき、契約に関する重要事項を消費者に対し説明すること。 宅地建物の取引、保険の販売、マンションの委託契約、建築設計契約などに重要事項説明がある。(Wikipediaより)

 

簡単に言うと入居者(購入者)が契約するにあたって必要な判断情報を法律に基づいて免権者が説明しなさいよって物です。

 

通常は建物についての情報は元付(貸主、売主)の不動産会社の方が詳しいため元付側の不動産会社がドラフトを作成し客付け側(借主、買主)の不動産会社が確認後に本作成。客付け側の不動産会社が借主(買主)に説明する事が多いです。

 

実務レベルだと元付が大手の場合はドラフトの作成は省かれる場合が多く、特約のみを作成前に確認されるパターンが一般的です。

 

この重要事項説明の内容が不動産会社の過失により不備があり入居者が著しい損害を被った場合は元付客付け問わずに責任を追求できます。

実務レベルだと同日に重要事項から契約の流れが一般的です。

 

Category: 用語集