お客様が安心して取引をして頂けるように弊社では「宅地建物取引業保証協会」に加入しています。

不動産屋の入り口などに貼ってあるハトのマークでご存知の方もいるかもしれませんが各都道府県に支店のある日本で一番大きな保証協会になります。

協会は万が一取引の中で宅建業者を起因としてお客様が損害を被られた場合にトラブルに関する苦情の解決や損害金の補償弁済をします。

仲介の取引においてはほぼ全てカバーできる1000万円まで補償となりますので安心安全です。中立な立場で消費者保護と円滑な取引をサポートしてくれています。

また万が一の時にお客様保護の観点からZEROOMの宅建士は宅地建物取引士賠償責任保険に加入しています。これは宅建士が起因として35条と37条に過失があった際にお客様の損失に対して支払われる保険で1事故に対して1億円まで補償となります。この保険はまだまだ未加入の不動産屋も多いのが実情ですがZEROOMではお客様に安心して取引していただける取り組みの一環として加入しております。

取引は真心を持って誠心誠意行いますが万が一の保証も万全ですのでご安心してお取引ください。

 


以下「宅地建物取引業保証協会」抜粋

宅地建物取引業法(以下「宅建業法)」第64条の2では、「宅地建物取引業保証協会」の指定について定められています。公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会(以下「全宅保証」)は、これに基づいて設立された保証協会で、全国の宅地建物取引業者(以下「宅建業者」)のうち約8割が加入しています。売買物件の購入者、賃貸物件の賃借人等のお客様と、会員である宅建業者のトラブルに関する苦情の解決、万一、解決されない場合の弁済業務をはじめ、宅建業務に係わる方々の資質向上を図るための研修、消費者のための不動産関連のセミナー等を実施しています。また、適正・適切な安全な取引を行うための手付金保証業務や手付金等保管業務を行っています。その他、国土交通大臣の承認を受けて、宅地建物取引業の健全な発達を図るため種々の必要な業務を行っています。なお、全宅保証の保証業務の基盤となる、弁済業務保証金分担金の合計供託額(弁済業務保証金)は、平成23年3月末現在、約600億円に達しています。

「宅地建物取引業保証協会HP


不動産免許番号:東京都知事(1)第103109号

宅地建物取引業協会加盟会員検索→コチラ(上部右上より)